福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
修理からオリジナルまで、ジュエリーなら何でもおまかせ
キタムラユビワテン

北村ゆびわ店

「技術とデザイン」に、自信があります。
住所
福生市本町8-4
TEL
042-551-0493

お店訪問

女性の夢である、一点もののジュエリーを

これが、北村さんの作業台。このような丹念な作業を経て、ジュエリーが生き返ったり、新たなオリジナルジュエリーが生まれるのだ

扉をくぐるまで、素晴らしいジュエリー職人に出会うとは思ってもいなかった。指輪やネックレスを市販する店と思い込んでいたからだ。店主である北村良之さんに見せていただいた店の奥にある作業台は、化学者か歯医者さんの仕事場かと思うほど、さまざまな道具や薬品のようなものであふれていた。昔ながらの秤やよくわからない機械も多い。ここに座って北村さんは眼鏡をかけ、一日中、指輪やペンダントなど金属の加工を行っているのだ。

「うちのメインは、作ることです。鍛造というやり方なのですが、プラチナや金をロー付けという溶接技術でつなぎ合わせて加工していきます」

バーナーの炎で金属を溶かし、歯を削るような道具で研磨していく。とても緻密で細やかな作業、見ていて気が遠くなるほどだ。

それにしても北村さんはサラリというけれど、「鍛造」なんて、初めて聞く言葉。調べてみると金属素材をローラーでのしたあと、熱を入れながら叩き、鍛えて締めていくという、日本刀に使われる製法で、多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法なのだ。指輪の枠を作るには、一日8時間作業をして1週間もかかるという。

「石だけを持ってきて、ペンダントや指輪の枠を作ってというオーダーメイドのお客さまや、お姑さんからいただいた指輪を今風にしてほしいとか、お客さまのご要望には何でもお応えしています」

鍛造で作る宝飾品は、鋳造のように型に流し込むのではないため大量生産できず、数が少ないという。まして、北村さんが作るものは修理以外はすべて、一点ものだ。

北村さんの横で奥さまの緑さんが、「一点ものって、女にはすごくうれしい」とにっこり。ジュエリーにとんと縁がない私でも、素直にうなづいた。

繊細で細やか、デザイン性の高いオリジナルジュエリーも

緑さんは結婚記念日に毎年、夫からオリジナルジュエリーをプレゼントされる。見せていただいたそれらの指輪は一つ一つデザインが異なり、宝石の色も違う。どれも、ため息が出るほど繊細で美しく、個性的だ。緑さんは言う。

「私が子どものような絵を描いて、イメージを伝えるだけいいの」

北村さんは、このようなオリジナルジュエリーにも力を入れている。年間10~20の新作を発表するというから驚きだ。

北村さん夫妻は今、結婚指輪をオリジナルで作ってほしいと願っている。

「値段は、普通に買うものと変わらないですよ。お互いの名前を入れたり、表に字を透かしたりと自分たちの好きなデザインでできますし、制作段階をメールで送ったりしています。人生の節目に一つ、思い出を残していただければと思います」

毎日つけることになる、結婚指輪。市販のものはほとんどが鋳造製造だが、金属を叩く鍛造の指輪は耐久性に優れ、肌に吸い付くようだという。一生に一度(としたい)の指輪だからこそ、職人が丹念に作り上げたものを選びたい。

「新しいものを作らなくても修理をしたり磨いたりして、そうやって宝石を楽しんでもらえれば。だって、宝石ってキレイですもの」

緑さんの言葉にうなづくばかり。ジュエリーのことが何でも相談できて、しかも「庶民的価格」で宝石の楽しみを教えてくれる店があるなんて、福生の「女子」は本当に幸せだと心から思う。

結婚3年目に、緑さんがプレゼントとして受け取ったピンクサファイヤのリング。スクエアーなデザインが個性的
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.