福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
いい包丁は一生の宝、“本物”に出会う刃物専門店
フッサ フタミヤ

福生 二見屋

「刃物の品揃えと品質」に、自信があります。
住所
福生市牛浜49
TEL
042-551-1540

お店訪問

建築道具が大集合、鋳造技術の粋が一堂に

神様と呼ばれるほどの名工が丹精込めて作り上げた、職人にとって垂涎の道具も手に入る

店内に入った瞬間、鈍色の光を放つ刃に目が吸い寄せられた。鉋(カンナ)や鑿(ノミ)など伝統的な大工道具、左官仕事に欠かせない鏝(コテ)やプロ仕様の彫刻刀など、ありとあらゆる道具たちの存在感といったら、まさに圧巻の一言だ。

刃のひとつひとつに「男盛」「輝秀」「千代鶴」など「銘」が切られ、鋳造した名工の意地と誇りがありありと迫ってくる。これぞ、日本古来の伝統的鋳造技術の粋そのもの。ひとりでに「えー」とか「うわー」とかと小さな叫びが漏れ、職人技術の見事さに息を呑む。店内にあるさまざまな道具に対面するだけでも、大いに意義があると思う。

しかも、その種類たるや半端じゃない。店主の和宏さん曰く、「これだけの数を揃えているところはまずないので、都内や他県など遠くから来られますね。職人さんが『やっと、あった!』って、手道具を捜しに見えられます」。

道具こそ、職人の魂そのもの。職人にとって貴重な“垂涎ショップ”であることは間違いない。

納得の“マイ包丁”が生み出す、家族の時間

和宏さんの横で、「最近は一般のお客さんが増えているんですよ」と妻の由美子さんが笑う。「今、使ってるのは、切れなくてダメなのよ」、「刃物を買うのには二見屋さん、いいわよね。スーパーのはすぐ切れなくなって・・・」と、女性たちがわざわざやってくる。

たとえば、主婦に最も身近な包丁。量販店なら2000円代が主流だが、安くても5000円からというラインナップ。一番売れ筋の牛刀が8000円、菜切り包丁の5900円という価格に驚いていたら、由美子さんは19400円という菜切り包丁を見せてくれた。

「売りっぱなしではなく、品物に責任を持たないといけない。だから、間違いのない品質のものしか置いてないんです」と和宏さん。

“安かろう・悪かろう”でもヨシとする量販店と、対極にある店なのだ。しかも包丁を勧める際は必ず柄を握ってもらい、本人にとっての“ベスト”を選んでもらうという。量販店では包丁はパッケージされているので、握ることは不可能。包丁自体の重さや刃の長さ、柄の形状など人それぞれ好みがあるわけだから、至極当然のサービスだと言われて初めて気づく。

「鋼(はがね)本割込という、鋼をステンレスで挟んでいるものがお手入れもしやすく、使いやすいと思います。切れ味が悪くなればウチで研ぎますから、そうして長く使っていただければ。研いで刃が小さくなれば、ペティナイフに加工もできます」(由美子さん)

「研ぎも、責任」と和宏さんは言う。包丁の研ぎは1本600円、柄の交換は500~600円で受けている。

「ウチで買ったものだけじゃなく、『家にあるもの、包丁でもはさみでも全部、持ってきなよ。研ぐから』と言いますよ」とは、主婦にとってどれほど心強いことだろう。今、二見屋には遠方から宅配便で、はさみや包丁の研ぎの依頼が来る。それほど確かな技術なのだ。

これまで何度、安物の包丁を買い換えてきたことか。最も身近な道具だったのに、何とおざなりな考えだったのか。家族を支える大事な道具だからこそ、いいものを長く大事に使いたいと心から思う。それこそが、家の文化を形作ることでもあると。子どもの頃、包丁やはさみは捨てるものではなく、研いで使い続けるものだった。

手に取って納得のいく1本を選びたい。いい刃物ほど長く切れるという。柄の交換もしてくれる
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.