福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
着物ライフを丸ごとバックアップ、装う喜びを多くの人に
ウチクラゴフクテン

うちくら呉服店

「アフターサービス」に、自信があります。
住所
福生市熊川944‐1
TEL
042‐551‐2267

お店訪問

着物を通し、家族の思い出作りに貢献

成人式イベントでの着付け。一流の腕を持つプロの着付け師により、魔法のように美しい振袖美人が誕生。着やすく、崩れないとうちくら呉服店の着付け水準の高さには定評がある

10月の週末、店内は翌年に成人式を迎える、“振袖美人”たちのキラキラした笑顔であふれていた。1階でプロのメイクアップアーティストによるヘアメイクが完了すれば、3階の着付けコーナーへ、そして2階の写真スタジオでプロカメラマンによる記念撮影という一連の流れの後、中央図書館に併設する茶室「福庵」に移動し、日本庭園をバックに家族が思い思いにカメラを向ける。一人とて同じ振袖はなく、髪形もメイクも一人一人の個性によく似合うきらびやかで美しい姿を、祖父母や両親、きょうだいが晴れやかな笑顔で囲む。

9月末から10月にかけての週末に都合7回行われたこのイベントは、うちくら呉服店の振袖で成人式に臨む「家族」のための催しだ。

内倉社長は、イベントにかけた思いをこう語る。

「成人式は、20歳のお嬢さまとご家族の一生に一度のお祝いです。この良き思い出づくりのお手伝いをしたいと思っています」。

「お客さまの笑顔のためには、全力で尽くす。それが喜びですから」と穏やかな笑顔があたたかい。

希望があれば、母親や姉妹の着付けも無料で行う。親子の思い出作りの一環として、親子着付け教室も開催する。「40代のお母さまにはもう一度、20歳の娘さんにはここから」、着物の喜びを知ってほしいという願いもあるからだ。

きめ細やかなアフターサービスで、着物文化を醸成

人はなぜ、着物から遠ざかるのか。それは着付けや洗濯が面倒なうえに、お金がかかるから。ならばと、うちくら呉服店では<何回でも着付け無料>、洋服で来て着物を脱いで帰れる<脱ぎ捨てサービス>、<洗濯は5年間無料>という、「着物を着ない理由」すべてを解決した画期的なサービスを実施している。

着付けは、定休日でも朝でも行う。「卒業式シーズンは大変ですよ。3月はほぼ毎日、着付けが入ります。それも朝の4時半なんてケースも」と内倉社長。

生半可なことで始めたサービスでないことがよくわかる。これこそ、内倉社長の「本質的な商売をする」という信念を裏打ちするものだ。売って終わりではなく、着物を着る伝統を継承するためには一人一人のお客に何回でも着物を着てもらうことに尽きるのだ。

着物に袖を通しさえすれば華やかで格調高い美しさを演出できるとわかっていても、あまりに億劫で「洋服でいいや」と生活から遠ざけていた。

だが、うちくら呉服店の“縁”につながるだけで、いつでも颯爽と着物で装ってさまざまな場に出かけることができるのだ。そう思うだけで、人生がぐっと楽しく、華やかなものに変化する。だからこそ、この正真正銘の実力派ショップの“縁”につながりたいと心より思う。

中央図書館横の「福庵」にて、家族の記念撮影。成人式当日は友人との時間が優先されるため、秋に開催。写真を撮る、内倉社長も力が入る
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.