福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
日本全国、唯一無二の“笑える入れ歯”ここにあり
(ユウ)ハローデンタル

㈲ハローデンタル

「入れ歯作り」に、自信があります。
住所
福生市福生970
TEL
042-551-7128

お店訪問

大事なのに、知らなかった“縁の下の力持ち”

歯科治療の土台を担う、歯科技工士。多摩地区で一番の規模を誇る

歯科治療では、大抵が型を取り、歯にかぶせるものが作られ、歯科医に装着されて治療完了となるのだが、差し歯や銀歯、かぶせ物、あるいは入れ歯などがどのように作られるかは、気にはなるけど知られざる世界だった。自分の口の中に入り、歯の一部として大事な役目を担うものなのに、どうして今まで知らないできたのだろうと「ハローデンタル」を訪ねて、改めて思う。これこそ、歯科技工士が担う領域だった。

「すべて、フルオーダーメイドの世界です。1000個の義歯を作っても全部違う、一つとして同じものはありません。しかも我々は“型”だけで、想像して作るんです。非常に手間と時間がかかる仕事ですが、患者さんを思えば手を抜けません」と社長の森田さん。

患者にとってこれまで触れることすらできない世界だったが、森田さんはあえて、「いつでも作業場に来てください。義歯がどのように作られているのかを見ることができます。作り方や材質など何でも説明いたしますよ」と親身な姿勢をみせる。それは即ち“この道35年”で得たノウハウと経験を、より多くの人たちのために役立てたいと望むからだ。

透明な入れ歯維持装置で、心おきなく笑えるように

今や、インターネットの時代。森田さんのところには沖縄や九州など、ホームページを見て遠方から義歯の注文が入る。「日本初、ウチでしか扱っていない特殊な入れ歯があるんです」という。それが「クリアクラスプ」という、透明な素材を使った入れ歯維持装置だ。

これまで入れ歯は金属のバネで押さえていたため、審美眼的に多大なダメージと引き換えに覚悟するものだった。それが何も苦にせず、にっこり微笑むことができるのだから、とりわけ女性にとってどれほどの朗報だろう。もちろん、口の中に入れるものゆえ、薬事法の認可も得た安心素材。今使っている義歯も、修理すれば「クリアクラスプ」をつけることができるというのもうれしい限りだろう。
この日本初の“笑える入れ歯“は、長年付き合いのある樹脂メーカーに、森田さんがアイデァを伝え誕生したという奇跡の品。心おきなく笑える入れ歯、これでどれだけ多くの人がシアワセになることだろう。

日本初、新素材を利用し独自に考案した義歯維持装置。全国から注文が入る
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.