福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
旨くて楽しいお酒と出会える、おもしろ“酒の基地”
リカーベース フッサ

LIQUOR BASE FUSSA

「品揃えと知識」に自信があります。
住所
福生市福生963
TEL
042-553-9063

お店訪問

福生に、お酒の専門店を立ち上げよう

ウインドウに映るのは、色とりどりの洋酒たち。美しく、とても魅惑的だ。開放的で明るい店内は、まさにお酒のショールーム。訪れたのはクリスマス。ツリーの周りに華やかにディスプレイされたシャンパンやワインが、ぐいと喉元をつかむ。くぅ~、そそられる!
おびただしい種類のリキュールやウイスキー、沖縄の地図の隣には、泡盛がズラリ。全銘柄を網羅しているって? ええ~信じられない? 冷蔵庫には見たこともない海外ビール、冷蔵ケースには全国各地のレアな日本酒。焼酎も麦、芋、米、黒糖ととんでもない種類。ワインセラーには、ステキなワインたちがしっとり鎮座している。一巡しただけで、目がクラクラ、立ちくらみ状態。お酒を選ぶのに、こんなに迷えるなんて・・・、このシアワセを、どう捉えればいいんだ?
「オープンして1年ちょっと。立川や昭島など、広範囲からお客様が見えられています。お客様は今、特別な酒はこだわりの酒屋で買いたいのです。福生には、遠くから足を運ぶ酒屋がなかった。ないなら、福生に作ろう。作るからには酒の専門店として、中途半端なことはやりたくなかった」と、瀬古さん。長年、卸業で培ったノウハウを生かし、アルコール全般をカバーする提案型ショップを立ち上げた。名前は前から決めてあった、お酒の「基地」と。

旬の商品、選りすぐりの銘酒を提案  

たとえば日本酒。「久保田」や「八海山」などプレミアがつく超有名酒ではなく、いい蔵を発掘して、育てていきたいと瀬古さんは考える。「時間はかかるかもしれませんが、その方向は間違っていない」と。静岡の「臥龍梅」、尾瀬の「水芭蕉」は酒蔵に通い、特約店の権利を確保した。今や人気上昇中の銘柄、近隣で買えるのはここだけだ。
地元・田村酒造場の「田むら」も大事に育てたい。地元の蔵をメジャーにしたいという強い思いがあるからだ。青梅線沿線にはあまり出回らない五日市の「喜正」も、ちゃんと置いてある。
あるいは焼酎。JALで提供される、福岡の「吾空」シリーズの特約を取った。「この地区で買えるのはウチだけですよ。かなりの人気で、遠くからも買いにきます」と瀬古さん。こんな酒屋さんが地元にあるのは、幸運だと心から思えてくる。  
若き店長・河野和彦さんはこの1年を、「お客さまから本当に勉強させていただいた」と振り返る。ワイン、日本酒、シングルモルト・・、玄人裸足のお客がとにかく多い。お客の要望に応えようと無我夢中の1年だった。「2年目で、やっと酒屋らしくなってきたというか、知識が追いついてきて、これからはいろいろこちらから提案していきたいですね」とニッコリ。これは、ものすごく期待大だ。今は、発泡性の"しゅわしゅわ日本酒"を提案中。ますます、<お酒の基地>から目が離せない。

  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.