福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
削りたてのかつお節を、食卓に!
マルトヨカツオブシテン

丸豊鰹節店

「削りたてのかつお節」に自信があります
住所
福生市牛浜54
TEL
042-551-0522

お店訪問

注文を受けてから削る、かつお節

推薦人:小林歌子さん(福生市福生在住)

丸豊さんの品物は何でも新鮮で、品質が抜群なの。かつお節をふんわりと、花かつおに削ってくれるでしょ。その匂いや香りといったら・・。とてもいいおだしがでるのよ。豆も新しくて、最高のものばかり。お店の人がとても親切で、いろいろ教えていただけるし・・。我が家のだしは昔からずっと、丸豊さんの削りたて、パックものとは比べ物になりません。

乾物専門店が商店街にあるということは、その街の奥行きが深いことの証明かもしれない。しかも丸豊では、注文を受けてから、かつお節を削って売るという、昔から変わらぬやり方を平成の今も貫いているのだ。
創業以来、変わらぬ信条は、産地にこだわり、産地から直接仕入れることだという。吟味されたかつお節の産地は、鹿児島(枕崎、山川)と、静岡(焼津)のみ。主人の豊泉金一さんは、仕入れが最も大事だと語る。「削ると、ごまかせないんですよ」と。 ところで普段おなじみの削り節には、「かつお削り節」と「かつおふし削り節」(詳しくは<ストーリー>参照)と製法により、2種類ある。かつお節は「削ったらどんどん風味が落ちてしまう」ので、最高級品である「本枯れ節」は、注文を受けてから店頭で削る(家での保存は、冷蔵庫か冷凍庫で)。一方、「かつお削り節」は、削ったものを袋詰めにして店頭に。
いずれにせよ、すべて自家で削る。だから「かつお節削り製造販売」と掲げるのだ。

より良いものを、より安く!

丸豊のモットーは、<より良いものを、より安く>。乾物屋の命は、商品の目利きだからこそ、すべて産地にこだわるのだ。 当然、店舗に並ぶ品々は、店主が胸を張る最高の品質のものばかり。とくに昨今、栄養価が注目されている豆類は、創業時から変わらぬ、グラム単位の量り売り。種類の豊富さといい、品質といい、常連客が多いというのもうなづける。
うれしいことに、たとえ豆の煮方や、ダシの取り方を知らなくても、丸豊では聞けばなんでも丁寧に教えてもらえる。これも固定客の多い理由のひとつだろう。新米主婦にとっては、実に頼もしい台所の救世主、まるで商店街の<お母さん>的存在だ。 
ここに来れば誰もがきっと、インスタント文化に席巻されつつあるニッポンの食卓に、古来から育まれてきたダシの文化や、栄養価が高く、利用価値豊かな乾物食品の可能性を、取り戻したくなるだろう。

  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.