福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
目指すはお客と職人、みんなのウィン・ウィン
イチネン

㈱いちねん

「正しい塗装」に、自信があります。
住所
福生市熊川1298-5
TEL
042-513-0070

施工するのは常に、「正しい塗装」

外壁の塗装作業。いかに綺麗に、持ちがいいように仕上げるか、職人の腕のみせどころだ

チラシには、「正しい塗装」と銘打つ。これこそが、「いちねん」のキャッチフレーズなのだ。東海林さんが「正しい塗装」と堂々と胸を張るのは、そうではない塗装もあるからだと素人には思えてならない。

実直な笑顔が印象的な東海林さんは、いくらカマをかけても「他社の批判はしたくない」と口を閉ざす。とはいえ、お金を払うのは消費者側だ。ある程度、塗装業界のことも知識として抑えておきたい。そろそろ外壁を塗り直してもらおうと思っている人間にとっては、切実な問題だからだ。

実は素人にはわからないが、3回塗るところを1回で終わらせるケースも無くはないと、東海林さんが重い口を開く。ポスティングされるチラシに安易に乗って、1年も経たないうちに色褪せてしまうこともあるというから要注意だ。

「こういう仕事って、一番損させてはいけないお客さまにしわ寄せが行くので、絶対にしてはいけないと思っています。私の理想はうちにも利益が出て、お客さんにも満足してもらって、働く職人にもいい形になることです。利益先行は嫌いです。誰かが嫌な思いをすることなく、みんながウィン・ウィンになるような仕事をしていきたいですね」

東海林さんは塗装一級技能士という国家資格を持ち、長年、ビル・マンションの現場で、ゼネコンの厳しい指導のもとで仕事をしてきた技術力をもって、「正しい塗装」を常に行う。

「必ず長持ちするものに仕上げますし、塗料メーカーとうちで連帯して保証書が出せますので、お客さまに安心していただけると思います」

塗装の工程など、素人にはわからない。しかし、東海林さんに頼みさえすれば、見えないところも決して手を抜かず、きれいで長持ちする「正しい塗装」をしてくれるのだ。


 

夏の日差しには、遮熱の塗料がオススメ

現在、従業員は6人、東海林さんがきっちり仕込んだ確かな技術を持つ職人ばかりだ。これまではビル・マンションなどの仕事が多かったが、住宅に力を入れたいとFの店のメンバーとなった。

「外壁は今、サイディングという作り付けが多くなっていますが、傷む前に、サイディングボード専用の透明な塗料を塗っておくと、いつまでも新築の状態を保つことができます。また屋根や外壁に遮熱の塗料を塗ると、かなり夏の暑さが軽減されます。猛暑日にはとても入れなかったというロフトにも、平気で入れるようになりますから」

外壁のヒビ割れも充填材を流し入れるなど修復した上で、屋根のコケも傷む原因となるため、きれいにしてから塗装を行う。家人には全く気づかない、家の傷みまで補修してくれるのだ。

外壁とはいえ、敷地内に入る工事だ。職人にはマナーと常識を徹底して仕込み、雑草であっても踏みつけにしないように指示を出す。踏まないと仕事ができない場合は必ず、お客に確認をする。工事に入ることで迷惑がかからないように、細心の気配りを貫くのだ。

誠実な気配り、妥協なき施工はすべて店名に込められた思いによる。「いちねん」とは、「一念発起」の「一念」であり、同時に「ひとつの思い」という意味も込めた。東海林さんに「ひとつの思い」は何なのか尋ねたら、シンプルかつストレートな答えが返ってきた。

「正しい塗装。インチキはしない」

職人魂にただ、頭が下がるのみだ。

屋根の塗装作業。高圧洗浄機で汚れを取って上で、塗装を行う
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.