福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
高気密・高断熱の家で、気持ちのいい毎日を
ユ)エイダイ

㈲エイダイ

「快適性、耐震性、省エネ向上」に、自信があります。
住所
福生市福生2436-6
TEL
042-551-3842

お店訪問

光熱費を下げる、エコ住宅を

泡断熱の吹付作業中。泡で吹付を行うことにより隙間が無くなり、抜群の高機密が実現できる

「ウチは伝統工法をベースにして、新工法・エコ住宅に特化しています」

 原島さんは冒頭に、こう断言した。それが「高気密・高断熱住宅」だ。最近、CMなどでよく耳にする言葉だが、調べれば「建具や天井と壁の接合部分の隙間を少なくし、気密性を高め、省エネ効果と快適性を両立させることを目的とした住宅」とある。

 原島さんは、一般の高気密住宅のさらに「その上」を実現するという。性能の指標として、1平方メートルあたりの隙間が5平方センチ以下が理想とされる中、「ウチでは、1平方メートル当たりの隙間は、針の穴ひとつ」と断言する。

「泡断熱という、いい断熱材で、家の中を魔法瓶化するんです。風が入って来ない、熱が逃げない住宅。夏場でも陽射しを遮れば、クーラーをかけなくとも23~24度。湿度は換気扇が、概ね40%前後にコントロールします」

 高気密・高断熱の家には「熱交換型換気扇」が必須で、これはたとえば、28度の空気を22度に下げて室内に送り込むというスグレモノ。室内の温度を一定に保ちながら、新鮮な空気が入ってくるというシステムだ。家族に花粉症があればフィルターで取り除くことも可能という。光熱費を格段に抑えられ、しかも健康にもいいというわけだ。

 昔ながらのやり方をベースにして、住みやすい家にこだわった結果、辿りついたものだった。

 

現場に合わせて、考えながら造る

高気密・高断熱の工法を原島さんはまず、大手メーカーの製法で勉強した。メーカーからのお墨付き「高気密・高断熱の認定」を取得するのは、並大抵のことではなかったという。こうして修得した技術をベースに、原島さんはさらに現場で工夫を重ねる。一度、壁の裏側に湿気が入ったという失敗があった。

「それからは手間がかかろうが、二段構えで湿気を入れない工法にした。やりながら、いつも考えるんです。どうすれば、高気密・高断熱の性能が上がるのか。グレーな部分は残さない。徹底して突き詰めることでしか、お客さんの要望に応えられないと思っています」

 耐震補強にも力を入れ、リフォームも「ただ、キレイにする」のではなく、高気密型へ変えていく。それは、より快適に住んでほしいからだ。

「一日で長くいる場所だけを耐震補強やリフォームをしたり、お客さんにとっていかようにも、都合のいいやり方を提案できます。それが、地元の工務店の強みです」

 「広い家に、悠々と住んでほしい」という願いがあるからこそ、家具も自ら手作りする。

「設計の段階で一部屋に必ず一個、収納を作ります。俺が作る家は、デッドスペースはゼロですよ」

お客の希望を聞き、好きなようにオーダーメイドで作り付けの家具まで作ってしまうとは、何とありがたいことだろう。原島さんはサラリと、笑って流す。「必要最小限の家具で、のびのびと暮らしてほしいんです」と。

 原島さんの大工としての強みは、現場にあるという。ゆえに声がかかれば、よその工務店の家造りにも参加する。どの現場にも必ず、学びがあるからだ。現場の中で考え続け、よりよいものを志向する。それだけではない。常に広く情報を集め、マニュアルを調べることも怠らない。

「同じ工法でも、パターン化はしない。だからいつもオーダーメイドで、オンリーワン」

 ここに、新しい時代を生きる職人の矜持を見る。

現場で、寸法を合わせながら材料を切る。常によりよいものを造るために、現場で考え続ける
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.