福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
在来工法の良さを伝える、職人の腕と心意気
シミズケンチク

清水建築

「本格木造注文住宅」に、自信があります。
住所
福生市熊川869
TEL
042‐552‐0982

お店訪問

芯持ち材を使った、在来工法の家

初めに出てきたのが、「墨付け」の話だった。墨付けとは、大工仕事の基本。木材を加工する前に切断箇所や削り仕上げの線を、墨で付けておく作業で、構造に関わる大事な作業だ。その後、木と木を組み合わせるため、木材をノミで刻む「刻み」の作業へと続く。
今や主流はハウスメーカーが行う、図面をパソコンに入力すれば、木材が加工されて機械から出てくる「プレカット」。もはや、墨付けは必要ない。清水建築2代目・英昭さんは、「うちではプレカットだけではなく、芯持ち材をメインに、在来工法をやっています」ときっぱりと言い切る。芯とは、年輪のこと。清水建築が掲げる「本格木造注文住宅」とは、無垢の木材で、昔ながらの工法で建てる家のことだ。   英昭さんの横で、今年72歳の父・克久さんが口を開く。「やっぱり日本の風土には一番、在来工法がいいんです。芯持ち材は強度があって、年数を経るごとに固く、丈夫になる」と、職人歴50年の経験から得た結論を語る。

町の大工は、手抜きしちゃダメ 

お客の要望に、できる限り沿うのも親子2代の信条だ。「皆さん、高いお金を使って建てるんだから、一生懸命やっていい家を作らないと」と克久さん。清水建築では見えるところも、見えないところも手を抜かない。骨組みの見えないところにまで、無垢の檜を使うという。これが、職人の矜持なのだ。
「洗面台、キッチンなどはお客さんと一緒にメーカーの展示場まで行って、好きな色や形のものを使えるよう小まめに対応しています。これも、ハウスメーカーにはないところ」と英昭さん。建てたら終わりではなく、年に一度は様子を見にいく。「責任をもって最後まで面倒をみるから、こりゃあ、一生保証だよなー」と、克久さんは横の息子に笑いかけながら、「町の大工は、信頼が大事。だから真面目に仕事をする」と矜持を語る。
親子2代の腕と心意気から生まれるのは、端正で趣のある、格調高い日本家屋。一生に一度の買い物だから、悔いなく気持ちよくと願うのならば、一度、清水建築を訪ねるべきだ。

  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.