福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
家庭的な雰囲気、誠実な応対
ツユキフドウサン

露木不動産

「笑顔」に自信があります。
住所
福生市福生1102-6
TEL
042-553-2200

時流に流されず、ただわが道を

アメ横から、福生へ

露木不動産の創業は、昭和47年7月。禎尚さんの父、健次さんが43歳で始めた事業だった。

露木家はもともとアメ横で、海苔店を営んでいたという。祖父は「葛篭(つづら)屋」を営む竹職人であったと聞く。浅草の海苔屋はその後、東京大空襲で焼け出されるものの、健次さん兄弟は「掘っ立て小屋」で浅草の地を守っていた。やがてシベリアから兄が復員してきたのを機に、健次さんは浅草を離れ、蕨市で化粧箱を作る「箱屋」を営む。昭島にいる箱屋の仲間から「こっち、こいや」と誘われ、福生の地へ。昭和37年のことだった。

その後、健次さんは「宅地建物取引主任者」「同業者免許」を取得。露木不動産を現在地で開業。今や福生にある同業約80店舗の中で、最も古い老舗となった。

根底に流れる、江戸っ子・職人気質

建次さんの流儀は、「頼みにきた大家さんの仕事はやるけど、『やらせてください』とは言わない」ということ。ここに貫かれているのは、江戸っ子・職人気質の美学といえるものだろう。「『海苔、まけて』という客には、『味噌汁で顔洗って、おととい来い』なんてのが、当たり前の商売だったようですよ」と禎尚さんが苦笑い。

だからこそ健次さんは、「大家さんのために、人のために」と骨身を削った。12年間、組合の理事を務めたのもその表れだ。「儲けに走らず、やるべき仕事をきっちりと」、すなわちこれこそ、創業以来の信条となる。

不動産業界狂奔のバブル期。健次さんが貫いたのは、「時流に流されず、わが道を行く」ことだった。「いつか、自分で自分の首を絞めることになる」と世を達観し・・。

昨年、健次さんは第一線を退き、今や父の後を継いだ禎尚さんと夫人の美佐良さんは、「お客さまにとっての、オンリーワン」を目指し、今日も明るい笑顔で客と誠実に向き合い続けている。

  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.