福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
安心・安全な食を、とびっきりの美味しさで
キヲウエルレストラン オーロラ

木を植えるレストランオーロラ

「うちにしかない味とふれあい」に自信があります。
住所
福生市福生二宮2477
TEL
042-539-4139

自信作は、石垣牛100%ハンバーグ

石垣島の大自然で青々とした草地でストレスなく育った石垣牛を100%使用のハンバーグ。直接仕入れている生でも食べられる新鮮な肉を、あえてレアに焼き上げる。肉を食らっているという歯応えに食感、どこにもないハンバーグの名品だ。「レモン&エシャレットバターハンバーグ」(レギュラー1,780円)は、パセリとエシャロットが入ったバターを溶かしながら食べるという珍しい一品。「ロコモコ」もうれしい。

蔦の絡まる趣ある外観の扉を開ければ、漆喰の壁があたたかな洞窟のような空間が待っていた。

2011年に雑貨屋からレストランになった店が、2014年に佐藤勇二さんがオーナーシェフとなってリニューアル・オープンした。「木を植える」と掲げるのは、前のオーナーがヒマラヤに植林を行っていたことに由来する。佐藤さんは言う。

「私たちは<安心・安全>な食を第一に掲げています。無農薬野菜も一部、使用し、化学調味料は使わずに無添加のものだけです。塩は、ヒマラヤ岩塩のみ。放射能汚染の可能性を考えて東のものはあえて使わず、西の産地の食材を使っています」

消費者にとって今や外食産業はブラックボックス、どんなものが使われているかわからない。そんななか野菜や肉、調味料、ドリンクまで産地情報を堂々とメニューに明記、素性のちゃんとしたものを、責任をもって提供してくれるのだから、こんなにうれしいことはない。小さな子どもにも安心だ。

佐藤さんが胸を張るのが、石垣牛のハンバーグだ。

「自然の中でストレスなく育った牛を、石垣島から直接仕入れています。生でも食べられるお肉を超粗挽きで使うので、皆さん、普通と違うと驚かれます」

ランチとディナーではお肉の比率を変え、夜は玉ねぎを少なめにしている。ゆえに、ディナーではお酒と一緒にガッツリと肉を食らうことができる。

ソースは一番人気の「特製オニオンソース」から「和風おろし香味ネギソース」「レモン&エシャレットバター」「トマト&クリームソース」「ダブルチーズ」など、バラエティーあふれるラインナップ。きっと、毎日食べても飽きない。

ディナーのハンバーグをいただいた。超粗挽きのお肉のゴロっとした食感に、「こんなハンバーグ、初めて!」と感嘆の言葉が漏れた。噛むたびに肉汁がじゅわと口中に溢れ、濃厚な肉の旨みがこれでもかとこみ上げてくる。つけ合わせの野菜も味が濃く、オニオンソースがとにかく美味、肉肉しい一品を最後まで一気にさっぱりと堪能させてくれる。

「12月に完成したばかりですが、<超レアハンバーグ>もおすすめです。半年ほどずっと考えていて、二層構造にしたんです。外側に細かく挽いた肉を使い、中の超粗挽きの肉汁を閉じ込めています。レアで味わってほしくて」

ああ、これは何としてでも食せねば。一度食べただけなのに、もはやトリコと言っていい。

うれしいことに、この「石垣牛100%ハンバーグ」はお弁当でも味わえる。チキン南蛮も唐揚げなど各種お弁当は、近隣から喜ばれる人気の品となっている。

「いいね、美味しかったね」の言葉のために

店の看板はハンバーグの他に、キッシュとオムライスだという。

「エビとアボガドとズッキーニ」「牡蠣とシャケ」など、キッシュで季節を味わう仕掛けも嬉しいし、鹿児島から取り寄せる卵が店の自慢。味が濃厚で、とにかく美味しいのだという。ゆえに、オムライスが自慢なのも当たり前だ。

佐藤さんの両親が宮崎県出身ゆえ、揚げた鶏をタルタルソースで味わう、宮崎の郷土料理「チキン南蛮」も自信作。サクサクに揚がった鶏肉に、甘辛タレとタルタルソースのコラボが実に絶妙。

他にも「野菜のベジタブル丼」や「特製甘辛カレー(キーマかベジタブル)」も根強い人気だ。ライスは白米にモンゴル産有機栽培の十穀米をブレンド、パンは天然酵母と健康への配慮も嬉しい。

ドリンクで人気なのが「自家製ジンジャーエール」。甘みを抑え、ピリッとした生姜とスパイスが効いた、これぞ、大人のジンジャエール。ハイボールにしたら最高だ。ワインは全てオーガニック、日本酒や焼酎もオーガニックにこだわる。平日限定飲み放題は、アルコールで1,680円。ありえない値段設定だが、これが主婦層に大人気という。

ホールを担当する伊藤さんは日頃から、こう感じている。

「とにかく、お客さまの存在が励みです。福生の方はあたたかいって思います。ご近所付き合いもあって、お土産をいただくことも。心に響くサービスをさせていただき、心に響く時間をここで過ごしていただければというのが一番です。安心・安全にこだわるのも、そのためです」

安心・安全な食材に美味しい料理とあたたかなサービス、ここまで客をやさしく包んでくれる場所はそうはない。大事な癒しのスポットを発見した。

オーナーシェフの佐藤さんの両親が宮崎県出身とあって、宮崎県の郷土料理「チキン南蛮」も人気メニュー。どのメニューを頼んでも、付け合せの野菜がたっぷり、それも一工夫されたものばかり。夜のおつまみで人気なのは、「アヒージョ」。変わり種ではパクチーライスにボイル・揚げ・生と8種類の野菜がのった「野菜のベジタブル丼」も。ハンバーグ、唐揚げ、チキン南蛮などのお弁当も人気だ
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.