福生・Fの店は「お客様目線で考える」お店。お買い物や、お食事、暮らしを楽しくするハナマルブランドです。
このHPはプロのライターが取材して各店のこだわりを紹介します。
  • 店舗情報
  • ストーリー
  • サイドストーリー
  • クーポン・地図
美味なる酒肴に心あり、懐深き酒処
アジヤ キョウ

味家 京

「煮物」に、自信があります。
住所
福生市福生1015-1
TEL
042-530-7114

セール情報

2016年8月19日~2016年9月30日

松茸とサンマ入荷のお知らせ!!

※初めに御挨拶。
当ブログは、当店の常連様、客層に合わせて見やすいように字の大きさをこのようにしてあります。初めて見た方は,ご不便とは思いますが、ご理解お願い致します。※
こんにちは。
前回の1年放置を反省して、少し早目の秋の味覚のご用意を報告します。
美味しい物をたくさんご用意しました。
まず、秋の王道といえば・・・


松茸です!!

松茸の土瓶蒸¥1200
松茸の天ぷら¥1500
松茸焼き¥1500
松茸釜飯¥1500
(釜飯のみ、事前に予約をお願いします。)
サンマの塩焼き、刺身も用意しております。
税込価格

・・・・・値段だけ見るとちょっと高いとか、居酒屋なのにうなぎの仕込みとか思いますよね。
ただし、当店の大将は料理人歴66年目の大ベテランで、そのキャリアの大半は都内の老舗の料亭、銀座竹葉亭で腕を磨いてきた方です。
腕と素材、肝心の味の自信でこの価格です。

安いと思うか、高いと思うか、自分や家族へのご褒美として考えるかで価値が変わると思います。
2~30代の方が接待等で利用された時に目上の方を連れてきても恥ずかしくない、喜んでいただけたとと喜びの声もいただいております。

食事だけでも大歓迎なので、ご来店お待ちしております。


ご来店お待ちしております。

味家 京 042(530)7114
営業時間 夜17:00~23:00(お客様の来店の様子に
よって30分位前に閉店する場合あり)
定休日 日曜
JR福生駅から西口(ダイソー側)をエスカレーターの方
から見ると当店が見えます!!
「料理とは、その人の心です」―、板前歴53年の店主は、きっぱりとこう言い切った。「大将のやさしい味を知ってほしい」と寄り添うのは、恋女房の京子さん。旨し酒に、名酒菜、あたたかな心づかいに満ちあふれ・・。珠玉の居酒屋が、足元にあった。
「味家 京」クリップボード

●仕出し弁当(10個以上から)あり。要予約。1,000円~。  二段、三段弁当も。予算、お好み、相談可。

●春は「たらの芽まつり」、秋は「カツオまつり」など、季節のイベントを実施。  冬の最大の楽しみは、「ぶりまつり」(クリスマス前後、要予約)。 金沢・近江市場直送、富山・氷見の寒ぶりを、ぶり大根、照り焼き、刺身で食す。3,500円。毎年、大盛況。

●食事だけでも、お気軽に。うな重1,800円、お茶漬け、茶そば500円。おにぎり、鉄火丼などの丼もある。

●裏メニュー、「合鴨ロース煮」(1,000円)には根づよいファン多数あり。「いかわたホイル焼き」(600円)は酒飲み絶賛の人気メニュー。
嘉泉、澤乃井、多慢自慢と西多摩の地酒も楽しめる。とりわけ、澤乃井の充実度は特筆もの。
ランチメニューのひとつ、まぐろ中おち定食、1000円。自由に選べる小鉢は筑前煮、小松菜の胡麻和え、玉子焼きをチョイス。
お造りの仕上げに余念がない店主。職人の顔だ。

店長からの一言

店主 阿部三千男さん、京子さん
魚あり、肉あり、焼き物、煮物、何でもお好みでお召し上がりいただけます。産地にこだわり、吟味した季節の旬の素材を、心をこめてお出しします。一年中、何か煮物を作っていますが、とくに煮物と吸い物は、どこにも負けない自信があります。どうか、お気軽にご来店ください。

基本情報

店名 味家 京
住所 福生市福生1015-1
電話 042-530-7114
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜(予約の場合は承ります)
駐車場 近くに有料駐車場あり
カード使用 不可
URL  
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らす
  • 福生の地図で探す
  • クーポンで探す
  • メルマガ登録
  • 過去のメルマガ一覧
  • Fの店 加盟店契約書
  • Fの店 加盟店ログイン
  • このサイトについて
  • Fの店 加盟店マーク
  • 「Fの店とは」
Copyright(c) fussa-hanamaru. All Rights Reserved.